イベント詳細

(会員用)日本EMDR学会 第14回学術大会、懇親会、および継続研修  2019年05月31日(金)

  日本EMDR学会 第14回学術大会


開催日時:5月31日 10:00〜18:30/19:00〜 & 6月1日、2日 10:00〜18:30

学術大会テーマ:「子供の臨床と家族、そして社会」
日本の子ども虐待の報告件数は年々増加し13 万件を越えました。潜在的には、この数倍の数が想定されています。子どもの虐待は大人の問題です。しかし、それは「当事者家族の問題」だけなのでしょうか。今回、特別講演講師およびシンポジストのお一人として、子ども虐待のルポライターとして著名な杉山春 氏をお招きしています。他のシンポジストは、当学会員でもあり、家族ケアも含めた子どもの臨床家として皆様もよくご存知の杉山登志郎先生と白川美也子先生です。直接子どもと関わる仕事をしていない方も是非ご参加ください。「トラウマ治療の専門家」として、日本の子ども虐待の現状に対しての応答責任があるとしたら、それはどのような形で果たされていくのか。より深い社会的視点を含めて、皆様で考える一つの機会となればと思います。
学術大会の締めくくりには、2017 年の第12 回大会にて大好評であったAna Gomez,MC, LPC 先生によるゲスト講演「記憶へのアクセス戦略:複雑性トラウマを超えた児童・青年に対するEMDRプロセシング」を予定しています。
 

                     継続研修
 

世代伝播する心の傷~親と子どものための愛着システムに基づくEMDR セラピー《実践編》
Ana Gomez 先生は2017 年の第12 回大会にて初来日し、学術大会の特別講演および継続研修を担当されました。とくに継続研修では、愛着の問題を抱える幼児や青少年のEMDR 臨床、さらにトラウマの世代間伝播の視点からの家族ケアを含む多彩でダイナミックなEMDR の臨床技法を盛り沢山に教えて下さいました。また、プレゼンテーションの明快さだけでなく、先生の真摯で思慮深くあたたかな臨床姿勢は、ステージの上からフロアーの受講者に良質のエネルギーを届けてくれました。今回は、前回の続編的に、世代間トラウマを軸として講義内容を深めて頂きます。もちろん、前回は参加していない方も無理なく参加できる構成内容です。また、前回座学で学習しただけの技法のいくつかを受講者が「実践的に学習」できるように、体験学習の導入もお願いして現在調整中です。
Ana 先生は、トラウマや逆境体験の影響を受けた子どもや若者、成人の臨 床に関わっている熟練のEMDR臨床家であり、日本でのEMDR W1 トレーニングで見るビデオに登場する女子小学生“ジャスミン”のセラピストとして覚えている方も多いと思います。海外でも積極的に指導にあたり、20 ヶ国、100 市以上で複雑性トラウマ、愛着の傷つき、解離を持つ子ども及び若者へのEMDRとその関連技法について講演やワークショップを行っています。近年は、Web を使った種々の講座の提供にも積極的です。


 

お問い合わせ先

日本EMDR学会 第14回大会準備委員会事務局
TEL:03-6427-4414 
Mail: emdr2019@gmail.com


申込みに際しての留意点

・金額は、全て消費税込みの金額です。
・このサイトでのお支払いは、クレジットカード決済、もしくはコンビニ支払いとなります。
・参加費用とは別に、受付システム利用料(216円)がかかります。
・郵便局、銀行からの振込での取り扱いはしておりません。ご了承ください。
・お支払い完了後にお送りするメールの中に、領収書をご案内いたしております。

<期限> このサイトでのお申し込みは、5月21日(火)までとなります。
5月22日以降にお申し込みの場合は、当日参加扱いとなり、当日に会場にて現金決算となります。

<キャンセルポリシー>
・一旦支払われた参加費は、理由の如何に関わらず返金できません。ご了承ください。
・当学会の側の事情により学術大会、研修会、懇親会が開催中止になった場合には、クレジットカード決済手数料を差し引いた参加費の全額を返金致します。ただし、参加ショアの交通費や宿泊費に損した出たとしても、それには対応することができませんのでご了承ください。

*個人情報の取り扱いは、本サービス以外の目的では使用及び保存致しません。

お申込みはこちら

申込受付は終了しました。
申込期間:2019年03月01日 09時00分 ~ 2019年05月21日 23時59分