イベント詳細

Rapid Response System 出動スタッフ養成コース【JSICM非会員】  2018年02月20日(火)

【概要】
RRSは、急変となるまえの予兆の段階で要請されるシステムです。
要請されるタイミングによって、判断すべきことや介入すべきことが変わります。
 このセミナーは、MET/RRTとして出動するスタッフが、基本的な概念を元に、情報収集、ABCDアプローチで評価をし、職種の特性を生かしながら介入に向けていくことをシミュレーションで体験していただきます。
 また、想定しうる困難事例の中から、コードステータスの変更や要請者へのフィードバック方法についてもディスカッションします。
 RRSを実際に行っている医師や看護師等が講師となります。
参加者同士、講師たちとディスカッションする中で、現在お持ちの悩みについても解決糸口が見つかるようになればと願っています。

【タイムテーブルと内容】
9:00-9:10 オリエンテーション
      :黒岩政之(北里大学医学部 麻酔科学)
9:10-9:30 レクチャー「RRSの概要」
      :小池朋孝(北里大学病院 RST/RRT室) 
9:30-10:00 レクチャー「要請を受けてからの基本的な対応と流れ(聴取、評価、初期介
   入、情報、検査、治療と方針)」
      :稲垣泰斗(北里大学医学部 救命救急医学)       
10:00-10:10 <休憩>
10:10-10:20 レクチャー「評価(ABCDアプローチ)と介入」
       :服部 潤(北里大学医学部 救命救急医学)
10:30-10:45 レクチャー「看護師ができること、すべきこと」
       :森安恵実(北里大学病院 RST/RRT室) 
10:45-10:55 <休憩>
10:55-12:40 シミュレーション~要請から治療や方針決定までの実際~
      :講師全員 
12:40-13:40 <昼食・休憩>
13:40-14:55 事例検討1・事例検討2(休憩含む)
14:55-15:05 全体ディスカッション
15:05-15:45 <休憩>
15:45-16:05 RRSの最新情報
      :内藤貴基(聖マリアンナ医科大学 救急医学)

16:05-16:25 質疑応答、アンケート記入
※内容や講師担当は一部変更する可能性があります。ご了承ください。

【対象】RRSがある施設でRRT等の対応側のスタッフの方、または、その準備状態にある方
【対象職種】看護師/医師 その他
【募集人数】32名

【インストラクター】黒岩政之(北里大学医学部麻酔科学 GICU主任医師)
内藤貴基(聖マリアンナ医科大学 救急医学)
森安恵実(北里大学病院 RST/RRT室 集中ケア認定看護師) 
小池朋孝(北里大学病院 RST/RRT室) 
服部 潤(北里大学医学部 救命救急医学)
稲垣泰斗(北里大学医学部 救命救急医学)


【キャンセルポリシー】
・2018年1月10日までにキャンセルされた方は、事務手数料2,000円を差し引いた金額をご返金いたします。
・2018年1月11日以降、キャンセルの方は参加費のご返却はいたしません。

お問い合わせ先

日本集中治療医学会 ハンズオンセミナー事務局代行
株式会社コンパス内
E-mail  jsicmhos@compass-tokyo.jp
〒113-0033
東京都文京区本郷三丁目3番11号 NCKビル5階
電話 03-5840-6131 FAX 03-5840-6130

お申込みはこちら

申込受付は終了しました。
申込期間:2017年12月15日 00時00分 ~ 2018年02月19日 00時00分