イベント詳細

良い感覚を失わせないためのトレーニングプログラム〜怪我の予防とパフォーマンス向上のために〜  2018年04月14日(土)

良い感覚を失わせないためのトレーニングプログラム〜怪我の予防とパフォーマンス向上のために〜
【セミナー概要】
アスリートの持つ良い感覚を失わせずに動作の改善を導くにはどうすれば良いのか。考えすぎて動けない状態ではなく、力が抜けた状態で巧みに体を動かせるようにトレーニング指導をするためには。そんな疑問と日々格闘しながら身体のコントロール、注意の向け方、地面反力のコントロール、筋力の向上を土台として構築してきた東京医科歯科大学スポーツサイエンスセンターでのトレーニングプログラムをご紹介いたします。

【タイムスケジュール】
9:30 集合(東京オペラシティタワー28階CLIMB Factoryセミナールーム)
   受付(整理番号を受付にて申し出てください)
10:00~ 自己紹介
10:20~ 土台となる考え
10:40~ スクリーニング(座学)
11:00~ スクリーニング(実技)
11:45~ トレーニングプログラム作成(座学)
12:30~ 昼食
13:30~ トレーニングプログラム例紹介
14:00~ トレーニング(実技)
15:50~ summary
16:00- 終了


【講師紹介】
山口大輔(ATC、CSCS、PES、CES、FMS、SFMA、PHI-MAT1)
東京医科歯科大学スポーツサイエンスセンター所属。大学病院にて医師と理学療法士と連携してアスリートの怪我復帰後の怪我予防、パフォーマンス向上のためのトレーニング指導を行っている。現在センター長である室伏広治教授と共にトレーニングプログラムの開発と研究を進めている。

略歴
2001年夏-2005年冬:インディアナ州立大学入学、卒業
2006年夏-2007年夏:ペンシルバニア州カリフォルニア大学大学院
2007年夏-2014年夏:NBA San Antonio Spurs, Assistant Athletic Trainer
2015年4月-現在:東京医科歯科大学(TMDU)スポーツサイエンスセンター特任助教/アスレティック・トレーナー


【対象者】
・すべての運動指導者(監督、コーチ、アスレティックトレーナー、ストレングスコーチ、パーソナルトレーナー、教師)
・アスリート(プロ、アマ、愛好家不問)
・セラピスト(理学療法士、作業療法士、柔道整復師、鍼灸あん摩マッサージ指圧師)
・インストラクター(ヨガ、ピラティス)
・学生(体育系専門学校、大学)

【定員】
一般/学生合計50名

【その他】
・当日は運動のできる格好、筆記用具、バインダーをご持参ください。
・NSCA継続単位0.5CEUが付与されます。(該当者のみ)

お問い合わせ先

Green Field
東京都立川市高松町1-22-8Nビル1F
メール:tachikawa.green.field@gmail.com

申込みに際しての留意点

【キャンセルポリシー】
ご入金後のお客様都合によるキャンセルにつきまして、セミナー当日から起算して下記の通りキャンセル料を申し受けます。
セミナー30日以上前まで 無料
セミナー8日前〜29日前  30%
セミナー3日前〜7日前  50%
セミナー当日〜2日前   100%

お申込みはこちら

申込受付は終了しました。
申込期間:2017年12月01日 09時00分 ~ 2018年04月14日 09時00分