イベント詳細

ACRPイブニングセミナー 「誰でも使えるリーンシックスシグマ」-治験現場の改善をどう進めるか?-  2017年05月12日(金)

《本セミナーについて》
ICH E6およびE8のRenovationが進むなど、臨床試験・臨床研究において、変化する規制要件や指針に対して対処すべき課題が多く存在する。しかしながら、規制要件への対応だけでなく、治験現場では、業務の役割分担および効率化が進んでおらず、日々の業務への対応に追われており、解決が急務となっている。
リーンシックスシグマは、国際標準化機構ISOでも規定されている世界標準の定量的なプロセス改善手法であり、治験現場においても業務の効率化に有効である。
本セミナーでは、看護師/薬学博士/Six Sigma Green Beltの資格を有し、病院で長年CRCの経験もあり、現在、アッヴィ合同会社でモニタリング部門マネージャーとして活躍する石橋寿子氏、Ph.D/MBA/Six Sigma Master Black Beltの資格を有し、GSKで組織改革室室長として活躍する井上宏高氏、Lean Six Sigma certified Black Beltの資格を有し、株式会社Real Discovery Outdoorsで代表として活躍する小澤郷司氏より、製薬会社開発員および医療機関CRC等の治験現場で活動される皆様へ誰でも使える業務効率化手法リーンシックスシグマの概要や事例を紹介いただき、最後に参加者の皆さんが抱える課題共有を行い、課題解決の糸口の議論に繋げる。
さらに、2017年6月10日(土)午後に、より詳しいリーンシックスシグマのワークショップを開催して、皆様が抱える課題解決に実際に活用果報な解決手法・ツールをワークすることで習得する機会を提供する。これにより、皆様が職場で抱える課題解決、業務の効率化に必要な知見を提供する。

《講師》
石橋寿子 氏
(アッヴィ合同会社 開発本部Associate Clinical Operation Manager/薬学博士、看護師、Six Sigma Green Belt)
井上宏高 氏
(GSK Head of Leading Changes Office/Ph.D, MBA, Six Sigma Master Black Belt)
小澤郷司 氏
(株式会社Real Discovery Outdoors代表/Lean Six Sigma certified Black Belt)

お問い合わせ先

日本ACRP事務局(edu@acrpjapan.org)までお願いいたします。

お申込みはこちら

申込受付は終了しました。
申込期間:2017年04月05日 00時00分 ~ 2017年05月11日 00時00分